GO Higher

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GO Higher

釣りとアウトドアをこよなく愛するオジさん。基本あまり拘らず、雑記ブログとしてやっていきます。

私的考察 アウトドアの強い味方⁉︎ 「ジェットボイル」編

スポンサーリンク

こんにちは。

にしっぴ〜です。

 

まもなく春ですね。

暖かくなれば、いよいよ待ちに待ったアウトドアの季節です。

早速ですが、今回は僕が気になっていた「ジェットボイル」についての私的考察をさせていただきます。

 

クッカーとバーナーが一体になった、これです。

f:id:nishippi:20170222185540p:plain
出典:JETBOIL(ジェットボイル)|公式ブランドサイト

このジェットボイル、釣りやキャンプなどのアウトドアシーンにおいて大変人気があり愛用している方も多いのではないかと思います。

実は僕も購買欲にかられ、このジェットボイルを買おうか、どうしようか迷っていたところでした。

”でした”、ということは、結局買わなかったわけです。

何故購入に至らなかったのか?

ジェットボイルについてのお話と併せ、まとめてみました。

 

ジェットボイル、その特徴について。

このジェットボイルの特徴は3つです。

最速湯沸かし器

まずは何と言ってもこれでしょう。

メーカー公表では、温度20℃、無風条件下において500mlの水を加熱した場合、

沸騰するまでの時間がなんと最速の135秒というのです。

はっきりいってこの速さは驚きです。一刻も早くお湯を沸かしたい人にとっては、まさにこの一択しかないでしょう。

コンパクトに一体収納が可能

100gのOD缶に加え、全てのパーツがクッカー内に収まる仕様で、コンパクトに持ち運ぶことが可能です。

f:id:nishippi:20170222185941p:plain
出典:オール・イン・ワン設計|テクノロジー|JETBOIL(ジェットボイル)|公式ブランドサイト

持ち物をコンパクトにまとめる必要性のあるバックパッカーなどに愛用される理由がここにありるのではないでしょうか。

驚きの低燃費

秘密はクッカーの底についているジャバラ状のフィン、「フラックスリング」にあります。

f:id:nishippi:20170222190132p:plain
出典:フラックスリング|テクノロジー|JETBOIL(ジェットボイル)|公式ブランドサイト


これが80%以上の高い熱効率を可能にし、最速の沸騰時間が低燃費を実現しています。

しかもバーナー出力が1134Kcal/h(スタンダードモデルFLASH)と通常のバーナーの1/2〜1/3ほどしかありません。如何に高効率な作りをしているかがわかります。

最速でお湯を沸かすことができるのに、低燃費とは脱帽です。

いろいろ考えて購入を見送りました。

それでは何故、僕が購入しなかったかについてです。

耐久性への疑問

クッカーやバーナーはある意味一生ものです。
また僕にとっては、釣りやキャンプでの使用が前提のため耐久性が大変重要です。

ジェットボイルはプラスチック系のパーツを多く使用していることにより破損の可能性が高いと考えられます。

パーツが単品管理されていたとしても現場での破損は一体で機能するこの製品とっては致命傷です。ネット上でも破損した例を確認しました。

クッカーそのものがでかい、汎用性に欠ける

クッカー内にパーツ全てが収納できる点においては評価できますが、クッカーそのものがでかいためコンパクトとはいえないと思います。全てのパーツを収納するためには、この大きさのクッカーにせざるを得なかったということがわかります。

車内収納での使用ならば全く問題にはなりませんが、バックパックなどによる釣りの際にはコンパクトにまとめれることは大変重要になります。

また、ゴトクを使用することで他のクッカーを使用できるとはいえ、今度は収納性の問題がでてきます。

冷静に考えた場合、クッカーとバーナー分離型のほうがより汎用性があり、多くのケースに対応できると思います。

そもそも最速お湯沸しが必要か?

僕のアウトドアシーンに、切羽詰った過酷な状況や1分1秒を争うような場面は皆無です。

最速の135秒といっても、気温20℃、無風の状況などなかなかお目にかかれません。

むしろ食事は楽しみな時間であり、ゆっくり過ごしたいものです。

お湯を沸かすのにたかだか2,3分余分にかかろうと、一杯のカップ麺を味わう時間は大切にしたいものです。

これらの理由から僕はこのジェットボイルの購入を見送りました。

流行に流されることなく、自分が本当に必要なものを手に入れることこそが、
そのものに愛着を感じ、長く使用できるのではないかと僕は考えます。

ジェットボイルそのものが決して悪い製品ということではございませんので、悪しからず。この製品を本当に必要にしている方も当然いらっしゃると思いますから。

 

あなたの参考になれば幸いです。

それでは、また。