GO Higher

GO Higher

ジャンルに拘らず、「雑記ブログ」として何でも記事にしていきます。

コールマンの「クアッド™マルチパネルランタン」。分割、充電、災害対応と豊富な機能に驚いた。

スポンサーリンク

こんにちは。

にしっぴ〜です。

 

キャンプの必需品としてランタンなどの灯があります。

ガソリンやガスを使用したランタン。
誰もがあの音と暖かな灯には、心が癒されるものです。

しかし最近は、よりエコに、そしてより静かでテント内でも使用可能なLED製ランタンが、主流になりつつあります。

まだまだメインとしての役目は果たしませんが、テーブルや室内の灯として多く使用されるようになってきています。

 

本日はそんなLED製ランタンとして、超オススメな製品をご紹介します。

それはコールマンの2017年Newアイテム「クアッド™マルチパネルランタン」です。

f:id:nishippi:20170313161811j:plain
出典:クアッド™マルチパネルランタン|キャンプ用品やアウトドアならコールマンオンラインショップ

 

特徴その1 メインランタンとしても可能な明るさ

このランタンですが、最大800ルーメンもの明るさを誇ります。

f:id:nishippi:20170313161956p:plain
出典:クアッド™マルチパネルランタン|キャンプ用品やアウトドアならコールマンオンラインショップ

800ルーメンもの明るさならば、大人数でのキャンプには不向きですが、ソロでの使用においては必要十分な明るさではないかと思います。

また最大20時間点灯、2泊3日ぐらいのキャンプならば充電なしで使用可能とのこと。

使用電源はアルカリ単一形乾電池を使用。8本と4本での使い分けができ使用シーン別に選択が可能になります。ただし4本使用では最大500ルーメンの明るさになります。

小さな子供がいらっしゃるご家庭などには、より安心で安全なこのランタンは是非とも選択して欲しいギアになるのではないでしょうか?

ただしエコといえど、単一電池8本になるとガソリンやガスを使用するのとあまり変わらないコストになってしまうような気がしないでもないですが…。

特徴その2 分割可能な発光パネル

これがこのランタンの最大の売りでしょう。

f:id:nishippi:20170313162411p:plain
出典:クアッド™マルチパネルランタン|キャンプ用品やアウトドアならコールマンオンラインショップ

4個の発光パネルに分割可能で、テント内用やテーブル用など、それぞれを個別に使用することができます。パネルにはスタンドが付いていますので置き場所に困ることもありません。また、スタンドをカラビナなどに掛けることも可能なためテント内での天井ライトとしても使用可能のようです。

さらに軽量でスポットライトしても使用可能なので夜中の用足しなどにも使えるのではないでしょうか?

その他にもこのパネルの着脱にはマグネットを使っているとのことですので、金属へのパネル固定を可能にしています。

僕ならキャンプに限らず、釣りの際の車内利用などで役立ちそうな気がします。

車のバッテリーを消費することなく安心して灯を利用することができるので大変重宝するのではないでしょうか?

特徴その3 USBポート付き

f:id:nishippi:20170313162700p:plain
出典:クアッド™マルチパネルランタン|キャンプ用品やアウトドアならコールマンオンラインショップ

当然電池を消耗しますが、USBポートを使用することでスマホなどへの充電が可能とのことです。

ランタンとしての役割が主ですので、充電としての機能は最低限の充電に止めるなど緊急時の使用が、本来の使い方かと思います。

あまり多機能にしすぎるとかえって使えない道具になりますので、注意が必要ですね。

特徴その4 災害時などの非常用としても

f:id:nishippi:20170313162901p:plain
出典:クアッド™マルチパネルランタン|キャンプ用品やアウトドアならコールマンオンラインショップ

あまりあっては良くないことですが、このランタンは非常時の灯としても使えるランタンということで、コールマンが宣伝しています。

確かに必要な十分な明るですし、分割できることで別々な使い方ができることは非常にメリットがあります。

災害時での利用目的だけで、このランタンを選択するのも有りではないかと思いますね。

 

以上、本日はコールマンの最新LEDランタンについてお話させていただきました。

僕的には乾電池ではなく、バッテリー式にしてくれれば、なお良かったなと思います。

いずれにせよ他メーカーにはない素晴らしい機能を持ったランタンです。

あなたのキャンプギアにも一ついかがですか?

それでは、また。