GO Higher

GO Higher

ジャンルに拘らず、「雑記ブログ」として何でも記事にしていきます。

舞阪港の「もちかつお」、幻のカツオを是非ご賞味あれ!

スポンサーリンク

こんにちは。にしっぴ〜です。

 

突然ですが「春の魚」と言えば、あなたはどんな魚を思い浮かべますか?

釣りにおいては、シーバスやアオリイカ、手軽なところでメバル、カサゴなど多くの魚種が釣れる時期でもあります。もちろんヒラメもそうですね。

春は多くの魚種を釣る目的においても楽しみな時期ではありますが、本日はその釣りについてではなく、是非とも食べておきたい魚についてのお話です。

それは「カツオ」です。この時期は初鰹と言われていますね。

「な〜んだ、カツオかよ。」という声が聞こえてきそうですが、侮るなかれ!

 

f:id:nishippi:20170406212829p:plain
出典:カツオ | 魚類 | 市場魚貝類図鑑

地元浜松で、幻のカツオと言われる舞阪港ブランドの「もちかつお」をご存知ですか?

短い期間しか口にすることのできない本当に貴重な魚なんです。

という訳で、本日はこの「もちかつお」のお話です。

 

その前に一般的なカツオについて

カツオは、回遊魚であり暖かい海を好む魚です。

春になると、エサとなるイワシなどを求めて日本近海に訪れ、太平洋側の黒潮に沿って北上を始めます。丁度遠州灘沖に訪れるのが4月〜6月ぐらいになり、この時期のカツオを初鰹と呼びます。

その後北上を続けたカツオは、寒流の親潮がぶつかる三陸沖まで到達すると今度は南下を始めます。この南下してきた秋のカツオのことを、今度は戻り鰹と呼びます。

一般的に初鰹は、脂が少なくさっぱりしていて、カツオ本来の食感を味わうことができます。一方、戻り鰹は、寒い海水とエサをたらふく食べている関係で身に脂がのり、また違った味を味わうことができます。これについては、それぞれ好みが分かれるところではないでしょうか?

舞阪港ブランドのもちかつおについて

f:id:nishippi:20170406212919p:plain
出典:カツオ | 魚類 | 市場魚貝類図鑑

カツオといえば高知土佐や、静岡県では御前崎などが有名です。僕も時期になると御前崎へカツオを買いにいったり、地元のお店で食べたりします。

もちろんこれはこれで最高に美味しく満足できるものなんですが、はっきり言ってもちかつおは別格です。

このもちかつおがどういったものかというと、4月下旬から6月下旬に遠州灘沖それも本当に近海で揚がったカツオで、死後硬直が始まる前の僅か4〜5時間の間だけのみ味わえる貴重なカツオのことなんです。まさに時間との戦いって奴です。

ですから当然公に流通することはなく、地元でのみ消費されることになります。幻といわれる所以はここにあるんですね。

地元の人もこの時期を心待ちにしており入荷情報が入れば即完売してしまいますので、なかなか口にすることができない代物です。

僕も時期になると、あらゆる手段を用いて手に入れようと必死です。あのもちもち感といったら堪りません。ハッキリ言って、いつも食べているカツオと全く違いますから!

ただし気を付けなければいけないこともあります。

午前中に水揚げされたカツオはセリに掛けられた後、午後にはそれぞれのお店で販売されます。料理店で食べる方ならいいですが、僕のようにお店で刺身を買って食べる方は、なるべく早めに食べることが肝心です。

以前、冷蔵庫に楽しみに入れてあった、もちかつおの刺身をいざ食べようとしたときのお話。なにも知らなかった僕は、既に購入後から6時間以上経っていることをなんとも思っていませんでした。そして食べてビックリ、そのもちかつおは「普通のカツオ」になっていました。

オススメのお店

それでは、もちかつおが購入できるオススメのお店を紹介します。因みに僕は料理店でもちかつおを食べたことがありません。あまり不確実なことは言えないので、いつも通う馴染みのスーパーを1件だけ紹介します。

おかだや

f:id:nishippi:20170406213407j:plain

住所等は、こちらをご覧ください。

近所のスーパーで、大型店ではなく家族で経営している地元の小さなスーパーです。

ここの売りはなんと言っても魚の鮮度です。魚だけはと言ったら語弊がありますが、その日市場で仕入れた鮮度抜群の魚を売っています。

作り置きの刺身もありますが、好きな魚種と値段を言ったらその場で刺身を切ってくれます。ここの難点は、特に週末は予約が立て込むため、その場で注文した場合は暫く待たされることになります。それでも鮮度抜群の刺身が食べれると思えば我慢できるでしょう。

これからの時期、もちかつおが入荷していたら店舗入口に「もちかつおあります」と、立看板が置かれていますので直ぐ分かると思います。

また、ブログもやっていますので入荷情報などを確認し訪問するか、予約してから訪問することも可能です。

因みに、このもちかつおですが、毎日安定的に漁れる訳ではありません。当然不漁の日もありますので、値段は時価になります。そこだけはご注意下さい。

 

以上、本日は舞阪港ブランド「もちかつお」についてのお話でした。

是非とも一度食べていただきたい刺身です。恐らく食べた瞬間、感動すると思いますよ。

絶対オススメです。

それでは、また。