マリアの「メタフラ」には、釣果に繋がる魅力が一杯です。

こんにちは。にしっぴ〜です。

あなたにとってフラットフィッシュゲームにおける理想的なルアーとは、どのようなものですか?

ジャンルに限らず、ルアーフィッシングにおける使用頻度の高いルアーといえば、ミノー系だと言えます。

しかし広大なサーフでは、飛距離が最も重要視されることから必然的に重量のあるルアーが全盛となっていて、この影響からルアーのアクションに関しては後付け感が否めません。

僕が理想とするフラットフィッシュゲームにおけるルアーは、メタルジグなみの飛距離を持ちながら、アクションも秀逸なミノーです。

現実そんな理想的なルアーは存在していませんが、一つ気になるルアーがあり実釣してきましたので、本日はそのインプレをしたいと思います。

その気になるルアーとは、マリアの「META-FLA(メタフラ)」です。

パッケージ裏には、「ジグの飛び」+「プラグの泳ぎ」と書かれています。

釣果はありませんでしたが、是非僕のラインナップに加えたいルアーとなりましたので、ご紹介します。

飛距離に驚きました

このルアーを初キャストして、まず驚いたのは飛距離です。

「結局それかよ。」という言葉が聞こえてきそうですが、そのとおりです。

このメタフラはメタルジグの部類に入ると思いますが、最近のフラットフィッシュ専用のメタルジグとは違い、重心はセンター寄りの設計となっています。

ボディを見ただけで後方重心の不恰好なルアーとの違いがわかりると思います。

どうしても重心がセンター寄りになると、飛距離が劣る傾向にありますが、このメタフラは飛行姿勢もすこぶる良く、人気メタルジグに引けを取らない圧倒的な飛距離を叩き出します。

間違いなくこの飛距離に不満を感じる方はいないでしょう。

マリアが言う後方波動とは

僕は知らなかったことですが、マリアでは魚を釣るための理論として「生態波動論」というもの長年研究してきたようです。

何やら難しい話で、頭の悪い僕にはよく分からない理論ですが、この生態波動理論に基づきメタフラは生まれたようです。

皆さんもお気づきだと思いますが、ボディ後方に稼働式フラップが装着されています。

生態波動論を研究し、魚が逃げ惑う時に発する波動を「後方波動」という名で再現したのが、このフラップのようです。

このフラップですが、キャスト時は畳まれ、着水後のリトリーブ時には立ち上がるよう上手く作られています。

実際魚を釣ってはいませんのでどこまでの効果があるかは不明ですが、メーカーのブランド力や宣伝だけで似たようなルアーが蔓延している中、他メーカーとは一線を画すものづくりに大変好感が持てます。

この後方波動については、実釣において釣果の違いを調査してみたいところです。

アクションとフックシステム

アクションについて、メーカーの説明です。

ベイトが逃走する際に放つ波動を再現した「後方波動」を生むことに加え、従来のメタルジグでは成しえなかったハイピッチロールアクションをもたらす開閉式「フラップ PAT.」。 更に、フラップが生む「揚力」によりリトリーブ後は浮き上がり早く、遠浅サーフでもボトムを叩かずフラットフィッシュのバイトゾーンをトレース可能。

引用元:http://www.yamaria.co.jp/cms/special/maria/meta_fla/body.html

アクションの質としては、バイブレーションに近いとは思いますが、バイブレーション特有のリトリーブストレスはありませんので、飽きることなく長時間の使用が可能なルアーです。

またセンターバランスのおかげで、後方重心メタルジグのような不自然なスイミング姿勢とは違い、水平スイミングを実現していますので魚に対し違和感を与えません。

フラップについてはその効果を実感することはできませんでしたが、同社が説明するようにリトリーブ時のボトムコンタクトもなく、遠浅サーフでも問題なく使用できることは確認できました。

後方重心メタルジグと同じ使い方で、アクションの使い分けができますので対応の幅も広がり、釣れる魚も増えるのではないかと思います。

また、このボディサイズ(62㎜)で#6の2フックシステムは嬉しいところです。

やはり大きなフックが付いていることでの安心感が違います。

小さなボディに対して大きなフックが装着されていますが、フックアイの位置とボディの設計により、フックがらみがないよう考えられて作られています。

この当たりも開発者のこだわりが感じられます。

以上、本日はマリアのメタフラについてご紹介いたしました。

小さなボディに大きな可能性を秘めたルアーだと思います。

今時期はベイトサイズも小さいため、この手のルアーは大変重宝するのではないでしょうか?

メタフラ、オススメです。

それでは、また。