GO Higher

GO Higher

ジャンルに拘らず、「雑記ブログ」として何でも記事にしていきます。

ファミリーキャンプの必需品「キッチンテーブル」。オススメの3選をまとめてみたよ。

スポンサーリンク

こんにちは。にしっぴ〜です。

 

キャンプでの楽しみの一つといえば、食事の時間。

バーベキューやダッチオーブンを使った料理など、普段自宅で料理をしないお父さんにとって、自慢の腕を振るう絶好の機会といえます。

f:id:nishippi:20170418201531j:plain

僕なんかもそうですが、料理の拘り以上に、キッチン周りの道具に拘りがあったりしませんか?

キャンプに限らず釣りでも、まずは道具から入るのは当然のことですからね。(1番だめなパターン?)

そこで今日は、キッチン周りの中心的存在である「キッチンテーブル」について、オススメの3選をご紹介したいと思います。

 

 

定番 コールマンのキッチンテーブル

まずは定番中の定番、コールマンの「オールインワンキッチンテーブル」です。

f:id:nishippi:20170418201827p:plain
出典:オールインワンキッチンテーブル|キャンプ用品やアウトドアならコールマンオンラインショップ

天板テーブルに始まり、バーナースタンド、収納棚、ランタンスタンド、ツールハンガーまで、これ一つで全てが揃う優れものです。

僕も昔購入した古いタイプの同モデルを所有していますが、新しいタイプはネット下に収納棚が追加されており、収納力がアップしています。

また天板も広く、調理台周りの余裕も充分あります。バーナースタンドは可変式ですので、大抵のツーバーナーは収まるでしょう。

収納時も縦長コンパクトに収まりますので、車への積み込み時、積載場所に困ることはありません。

キッチンテーブルの中でも、初心者から上級者まで幅広く使え、納得いただける製品かと思います。

フレームワークが特徴的 ユニフレームのキッチンテーブル 

次に紹介させていただくのは、ユニフレームの「キッチンスタンドII」です。

f:id:nishippi:20170418202046p:plain
出典:キッチンスタンドII | ユニフレーム アウトドア用品総合メーカー

脚立を開いたよなフレーム構造が特徴的です。

カラーもシルバーに統一されており、シンプルなデザインが好印象といえます。

コールマンと同じく天板とバーナースタンドが装備されていますが、天板サイズがやや小さいのが難点なところです。

また昔はウッドタイプの天板と、バーナースタンドにも装着できる別売のオプション天板がありましたが、現在は廃盤となっているみたいです。

下段には調理道具などを収納できるスタンドが2枚付いており、15㎏までの耐荷重がありますので、ウォータータンクやダッチオーブンなど余裕で置くことが可能です。

また、フレームクロス部にセットできる「キッチンtank」もオプション品として販売されています。この辺りのアイデアは流石といえます。

f:id:nishippi:20170418202413p:plain
出典:キッチンtank | ユニフレーム アウトドア用品総合メーカー

そして今年発売のオプション品として、フレームクロス部にセットできる追加ラックが販売される予定です。ラックの前後にはツールハンガーも備わっていますので、収納力も向上し、より使い勝手がいい製品になるのではないでしょうか?

f:id:nishippi:20170418202733p:plain
出典:ユニフレーム2017年新製品展示会レポート!注目アイテム一挙公開!|CAMP HACK[キャンプハック]

3つ揃えたら無敵⁉︎テンマクデザインのキッチンテーブル

最後にご紹介するのは、テンマクデザインの「ワークテーブル」です。この製品、HI/MID/LOWと3種類のテーブルがあります。

一見すると単なるテーブルですが、それぞれよく考えられていて、3種類セットすることで快適なキッチンスペースが広がります。

f:id:nishippi:20170418202943p:plain
出典:ワークテーブル|tent-Mark DESIGNS

HIとMIDには2段分のラックが備わっていますので、余裕の収納力があります。

そして、ステンレス製の広い天板は、システムキッチンのステンレス天板と同じように使い勝手も良く、汚れなどを気にすることなく使えますので、大変重宝するのではないでしょうか?

またキッチンテーブルとしてだけではなく、食卓や荷物置き用にも使えますので、キャンプ道具を減らすことも可能です。

ただひとつの問題は、値段がやや高いところでしょうか?

3種類揃えた場合、45,000円位しますので購入に踏み切るにはやや考えてしまうところです。

 

以上、本日はオススメのキッチンテーブルについてお話しました。

まだまだ各メーカーから機能的な製品が発売されています。
キッチンテーブルは、ファミリーキャンプの必需品と言えますので、購入を考えている方に多少なりとも参考になれば幸いです。

お気に入りのキッチンテーブで、拘りの料理を作ってみませんか?

それでは、また。