GO Higher

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GO Higher

ジャンルに拘らず、「雑記ブログ」として何でも記事にしていきます。

メガバス「8POD TACO-LE」は、オールマイティに使えるタコ釣りの救世主だ。

スポンサーリンク

こんにちは。にしっぴ〜です。

 

近年ブームになりつつあるタコ釣りゲーム。

 

ブログをご覧いただいている皆様の中でも実際にやられている方やご興味を持たれている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

ホームフィールドである浜名湖でも6月前後ぐらいから、多くのアングラーがタコ釣りゲームを楽しみ大賑わいになります。

 

僕もシーズンにはマイボートに乗り、イカ用の餌木を使ってタコ釣りを楽しんでいます。

 

本日はこの開幕直前に合わせて、超気になる製品が発売される予定となっていますのでその製品についてご紹介したいと思います。

 

それは、メガバスから発売される「8POD TACO-LEです。(タコーレ)

 

見た目以上に、多くのアイデアが詰まった製品となっており、タコ釣りアングラーが絶対欲しくなる一品となっています。

 

 

浜名湖のタコ釣りについて

 

製品の紹介の前に浜名湖のタコ釣りについてご紹介したいと思います。

 

シーズンは先にも述べた通り6月前後くらいからになります。

 

通常は「テンヤ」と呼ばれる専用の仕掛けに、カニを縛り付けて狙うのが一般的です。

カニは生きたもの死んだものどちらでもOKですが、僕の周りではゴム製のカニに似せたものを使用しています。

 

最近ではイカ釣り用の餌木を使用して狙うことも多くなっていて、僕自身は、いろいろ試しましが、これがしっくり来たためほぼこの仕様で通しています。

 

市販されているタコ釣り専用のスナップに、餌木とナスオモリを取り付けボトムをズル引くだけの非常に手軽で簡単な釣法です。

 

f:id:nishippi:20170429093238j:plain

 

ちなみに写真の餌木はダイソーの100円餌木です。

タコは単純なのか、こんな製品で十分釣りが成立してしまいます。

 

浜名湖では陸からボートからと、どちらからでもタコ釣りを楽しむことができ、数釣りも可能です。

特にボートは湖内のポイントを移動できることもあり、シーズン中は高い確率でタコをキャッチすることができ、湖面には多くのボートで賑わいます。

 

メガバス「TACO-LE」の特徴について

 

それでは本題のタコーレについてお話します。

ご覧のように、誰もが見てもわかるエビに似せた疑似餌になっています。

 

f:id:nishippi:20170429142941p:plain
出典:8POD TACO-LE | Megabass-メガバス

 

タコは甲殻類を好んで捕食する習性を持っており、当然タコ釣りに使用する疑似餌は、カニやエビなどに似せたものを使用することになります。

 

通常の餌木などに比べ、このタコーレはエビの特徴をうまく利用しており、タコ釣りにおける難点を解消するアイデア満載の製品に仕上がっています。

 

根掛かり回避能力

 

タコは普段、一般的な魚のように海中を泳ぎ続けることはなく、海底を這って行動しています。

ですから、タコ釣りは疑似餌のボトムズル引きが基本的な釣り方になることはお分かりいただけると思います。

 

そこで問題になってくるのが、障害物への根掛かりです。

フックやオモリが根掛かりし、疑似餌のロストが常に付きまとう釣りになります。

 

特に浜名湖のボトムは障害物が多く根掛かりは避けて通れないものとなっています。

 

そこで僕がこのタコーレを最も評価している特徴が、この根掛かりを回避する能力の高さです。

 

ヘッドとテールに浮力調整を施したことでフックの底離れを可能にしたことや、エビ反り部をバンパー代わりにすることでオモリの根掛かり回避率を上げたことなど、多くの機能がこの製品に搭載されています。

 

バラシ難いフックシステム

 

このタコーレのフックは、他メーカーにはない独特な形状を採用しているのが分かります。

 

f:id:nishippi:20170501210512p:plain
出典:8POD TACO-LE | Megabass-メガバス

 

大型のバーブレスフックを2本、アウトバーブ付きの小型フックを4本搭載したオリジナルのフックシステムを採用しています。

さらにフックシャフト部には極太のグラスファイバーを採用し、タコのボトム張り付きによる高負荷状態になっても折れることがない強靭な構造になっています。

 

このフックシステムにより、タコの身により多くのフックを掛けることが可能になりますので、身切れやバラシの軽減にも繋がり、強気のファイトも可能になるのではないでしょうか?

 

アピールアップのためのアイデアと豊富なオプション類

 

どんなに優れた疑似餌でもタコに気付いてもらえなければ、全く意味をなしません。

 

タコの活性も高くどんな疑似餌でも釣れる状況ならば良いですが、低活性のときや他アングラーよりもより多くの釣果をあげたいときは、アピール力のある疑似餌を使用することが大前提となります。

 

このタコーレには、アピール力をあげるための豊富なオプション類を用意していて、それを本体に後付けできるよう2個のアイが搭載されています。

また、本体上部にはケミホタルが搭載できるホルダーを搭載するなど、よりアピール力を上げるための機能が満載です。

 

これらの機能により、あらゆる状況に応じたアピールパターンの変更が可能になります。

自分だけのオリジナルパターンを見つけることで、より多くの釣果に繋がるのではないでしょうか?

 

以上、本日はメガバスから発売予定の「TACO-LE」についてお話しました。

 

今年のシーズンは、このTACO-LEを使用してより多くのタコを釣っちゃいましょう。

 

僕も購入したら是非使用してみたいと思います。

 

それでは、また。