創業60周年。スノーピークの2018カタログが届きました。

スポンサーリンク

こんにちは。にしっぴ〜です。

14日(木)夜、仕事から帰宅した際
不意打ちのように自宅にあるものが届いていました。

それはスノーピーク

「2018 Outdoor Lifestyle Catalog」

ポイントカード会員なら無料で手に入れることが可能なのですが、
正直無料とは思えないぐらいの仕上がりに毎年驚かされております。

いつもならば自分で注文するかたちを取っていたと思われるのですが、
今年から自動配送になったのかな?

60周年記念モデルに相応しい仕上がり

2018年のカタログは、
いつも以上に冊子自体が分厚く中身も充実した仕上がりになっています。

スノーピークの創業は1958年
気づくのが遅すぎましたが、もう60年にもなるんですね。

カタログ表紙には創業者である山井 幸雄氏の写真が飾られています。

まずはじめに冊子を開くと60周年を記念するロゴがデザインされ、
そこから50ページぐらいに渡りスノーピークが歩んできた歴史が創業者、現社長の生立ちを含め紹介されています。

創業当初は、大工道具や登山道具を。
そして現在のアウトドア道具を扱うようになったのは、
現社社長である山井 太氏が入社してからなんですね。

そこからSLS(スノーピークレイアウトシステム)、快適基準寸法の提唱。
そしてマルチスタンドアメニティドームソリッドステークペグハンマー
焚火台や世界に認められたギガパワーシリーズなどの数々の名品が生まれてきたわけです。

そのほかスノーピークの歴史の詳細を知る上で、今回のカタログは非常に価値あるものだと実感しました。

まだポイントカード会員でない方は、是非とも入会をオススメします。
それだけ今回のカタログは価値あるものだと思いますよ。

個人的に気になる新製品

ここからは、個人的に気になる新製品のお話です。

正直60周年ということで期待したところがありましたが、
「これは!」というほどの驚く製品はありませんでしたね。

その中でも個人的に興味が湧いた3点についてお話します。

ラゴ Pro.air 1


出典:https://ec.snowpeak.co.jp/snowpeak/ja/マウンテン/テント/ラゴ-Pro-air-1/p/121243

最近ソロキャンプに興味が湧き出しており、
このテントは非常に注目しています。

特徴的なのはairの名が刻まれているだけあり軽量なことです。

メインフレームを含めても950g
メインフレームの代わりにトレッキングポールを利用することも可能で、
その場合はなんと800gの軽さです。

今この投稿中に利用しているMacBook Proよりも遥かに軽い。

ダブルウォールベンチレーションと基本機能はしっかり装備されており
納得の仕様ですね。

ただしソロテントとしてはやや高い価格設定かな。

ミリタリースリーピングバッグ


出典:https://ec.snowpeak.co.jp/snowpeak/ja/マウンテン/スリーピングギア/【4月発売予定】%E3%80%80ミリタリーシュラフ-オリーブドラブ/p/121214

ラゴ Pro.air 1と一緒に使ってみたい寝袋。

なんでも実際に軍用として使われているようで耐久性には信頼性がありそうですね。

中綿にはあえて化学繊維を採用し、湿気による保温力の低下などあらゆる過酷な環境にも耐え得る仕様となっています。

こちらも枕用ポケット収納用ポケット、そして収納袋にはコンプレッション機能も備え充実したつくりになっていますね。

3WAYビジネスバッグ


出典:https://ec.snowpeak.co.jp/snowpeak/ja/アパレルアクセサリ/バッグ/3wayビジネスバッグ/p/39381

意表をついた選択かもしれませんが、
ちょうど仕事用のバッグを探していたこともあり個人的に気になりました。

流行りのリュックスタイルにもなり、基本機能もしっかり装備しています。

画像上では素材の耐久性やモバイル機器の納まり具合などが分からないため
このバックについては実物を店頭で見て触ってチェックしたいところです。

最後に

以上、本日はスノーピーク「2018 Outdoor Lifestyle Catalog」についてお話しました。

このカタログ、内容的には普通に数千円で販売されていてもおかしくはないと思えるほどの仕上がりになっています。

あなたの物欲を刺激すること間違いなしでしょう!

まだサラッとしか目を通していないので、
これからじっくり時間をかけて読ませていただきます。

それでは、また。

スポンサーリンク

フォローする