あなたの釣りが変わる⁉︎ボート代わりになりそうな水上自転車があるって知ってました?

スポンサーリンク


出典:manta5

こんにちは。にしっぴ〜です。

釣りをやっていて、

「あの中洲にいけたらなぁ〜。」

「あそこに渡れたら爆釣間違いないのになぁ〜。」

なんて、思ったことはありませんか?

本日はそんな悩みを持つあなたに、
夢のような製品をご紹介します。

その名も、水上を走ることができる電動アシスト付自転車
「Hydrofoiler XE-1」です。

ニュージーランド発の水上自転車


出典:Manta5

このHydrofoiler XE-1を開発しているのが、
Manta5というニュージランドに拠点をおく新興企業です。

Manta5の創業者であるGuy Howard-Willis氏は、
自身が熱心なサイクリストであったことも高じて
水上でのサイクリング体験を考案し、
ヨット・アメリカズカップで導入された
水中翼にヒントを得て、Hydrofoiler XE-1の開発に着手しました。

Hydorofoiler XE-1の特徴

ここからは、Hydorofoiler XE-1の特徴についてお話していきます。

本体仕様について

本体フレーム部分は、軽量で強度のあるアルミニウムを使用しています。

そして、動力源であるプロペラと水中翼のウイングには
カーボンファイバーを採用し、最先端の技術が導入されています。

またメンテナス性もしっかりと考慮されており、
各々の部品がアッセンブリー化され独立されいるため
分解、組み立ても容易です。

電動アシスト搭載


出典:manta5

本体に搭載された400W電動モーターと水中翼ウイングにより、
水上でも普段の自転車に乗っているかのような感覚で
サイクリングが可能です。

最高速度は、15〜20㎞程度、安心安全設計で水上サイクリングを
アクティブに楽しむことができます。

地上で電動自転車に乗っているような感覚なんでしょうかね?

釣りにおいては、タックルを持って中州に渡ったり、行きたかった
あの地磯なんかに行けちゃうかもしれませんよ。

転倒しても安全安心設計

当然水上では、転倒や水没の危険性があります。

でもご心配なく。
Hydorofoiler XE-1は、
浮力モジュールを搭載し不意の転倒時などでも
本体が水没しないように設計されています。

また、万一水没した場合でもペダルを漕げば、そこから再浮上が可能です。

特に海水での使用はより危険を伴うため、
この仕様は重要なところではないでしょうか?

長時間のサイクリングが可能


出典:manta5

モーター駆動の電源には、IP67のリチウム電池バッテリー
搭載され海水にもしっかり対応しています。

また、フルスロットルで1時間以上の航行が可能です。

釣りにおいて目的地までを往復するだけなら、
十分な容量が備わっているのではないでしょうか?

そして、バッテリーの充電は
コンセントからの供給とのことで、
いつでもどこでも手軽に充電が可能、
もちろんバッテリーの取り外しもできます。

携帯性に優れた仕様


出典:manta5

本体重量は約20㎏

ウイングなどモジュールごとに
取り外し可能ですので、
自動車への積載もバッチリいけます。

釣り遠征時にも
持っていくことが可能ですね。

最後に

残念ながら当製品は、
今のところ現地ニュージーランド向けへの
限定版モデルのみとなっています。

日本国内への発売は未定ではありますが、
いちはやく情報を知りたい場合は
メール登録をしておけば進捗状況を
お知らせしてくれるとのことです。

価格がどの程度になるか分かりませんが、
日本国内への発売が実現すれば
釣りだけにとどまらず水場の状況が一変するかもしれませんね。

非常に楽しみでなりません。

それでは、また。

スポンサーリンク

フォローする